ニュース一覧

辛い生理を軽減するために

レディ

鎮痛剤の選び方

生理のさいに発生する痛みを生理痛といいます。辛い生理痛を軽減するための薬を使うという人も多くいますが、薬を使うさいにはその原因と症状を知ることが大事です。生理痛は大きくわけると機能性の痛みと器質性の痛みがあり、機能性の場合には子宮収縮ホルモンが過剰に分泌されたり子宮口が狭く、月経血がスムーズに排出できない、また冷えよる血行不良やストレスによるホルモンバランスが崩れている場合などです。この場合の生理痛では腰痛、腹痛のほか全身のざるさや吐き気、食欲不振などの症状がみられます。器質性の場合には子宮内筋膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症など子宮に問題があるものです。この場合には痛みというよりもイライラしたり憂鬱感、怒りっぽくなるといった症状が見られます。薬としておすすめなのは生理痛に対応しているものが無難です。もちろん、普通の鎮痛薬でも痛みを抑える効果があります。また選ぶさいには成分の違いもポイントです。現状ではもっとも効果的でおすすめなのがロキソニンSで、効き目もはやく胃への負担が小さいメリットがあります。ただロキソニンSは第一類医薬品ですから薬剤師のいる薬局・ドラッグストアでしか購入できません。ロキソニンSが手に入らない場合にはイブA錠EXがおすすめです。指定第二類医薬品ですのでドラッグストアや薬店で手に入れることができます。生理痛を抑える成分としてはロキソプロフェン、イブプロフェン、アスピリン、アセトアミノフェンなどで、特にアセトアミノフェンは小中学生用のものもあるので低年齢で生理痛に悩む女性にはおすすめです。

Copyright© 2018 陰部の臭いケアアイテム【デリケートな部分に安心して使える】 All Rights Reserved.